• トップ /
  • 京都観光での市内移動の問題

京都観光の注意点とは

京都観光での市内移動の問題

京都は交通インフラが貧弱

世界的な観光都市、京都を訪れる外国人客が年々増加の一途であり、あちこちの名所旧跡が混雑している状況です。京都は東京や大阪のように市内の地下鉄路線がたくさんあるわけでもなく、東西線と烏丸線の2本しかありません。また、JR京都駅は碁盤の目の南端にあり、観光スポットは京都駅から徒歩圏にはそれほどないことから、遠方からの観光客は市バスを使っての移動が多くなる点、注意が必要です。なお、私鉄の阪急、京阪は大阪から京都に入る路線であり、こちらのターミナル駅は街の中心部にあるので便利です。市バス・地下鉄での市内移動には1日乗車券が便利ですが、あまりに外国人客が増えたため混雑がひどくなり、一般市民からの苦情が多数出ている状態です。大きな荷物を持ったままバスに乗るため、空いているようで空いていない、乗り降りにも時間がかかる、ということで定時運行が困難になっています。よって、1日乗車券は値上げになることが決まっています。よって、名所から名所への移動をバスでする場合はガイドブックに書かれているよりも余裕を持たせておくべき、と注意喚起をしておくべきでしょう。また、碁盤の目の中は平坦ですので自転車で移動する市民も多く、歩道で待っている間はぶつからないよう注意をしてください。

バックナンバー

京都の有益情報

↑PAGE TOP